rico turu architects studio


 
世田谷S 現場レポート

色々な造作
2008/06/26
ここ数日、大工さんや現場監督と色々な物を作っています。

この他にも色々あるのですが、どれもこれも一癖あるので難しかったですが、どうにか完成しました。

明日は、ひたすら備品取付け+掃除になります。






植栽
2008/06/24
今日は朝から植樹を行いました。

正面の外壁に程よく影を落とします。
それにしても爽やかです。




内部はクリーニング+ダメ工事が進んでいます。
先週末は施工会社さんの現場監督の方々総出で手伝って頂きました。
有り難うございました。

あとは、修正箇所を直しながら、細かな造作物を作って取付け、完成です。

今週の土曜日に内覧会があり、晴れて引渡になります。






家具
2008/06/16
今日は家具の搬入取付け初日でした。
天井まで一杯の壁面収納なので天井OSBとの取り合いが難しかったです。
どうにかフィラーも通す事が出来安定しました。
あとはステンレスカウンターの取り付けです。




土曜日に打設して頂いたB1F床のコンクリートも綺麗に仕上がっていました。
この上にシールハードを塗装し、全ての仕上げ工事が終了です。






デッキ
2008/06/13
今日はデッキ貼りでした。
幸いとても天気が良く、午後には既に終わっていました。
デッキは一般的にデッキで使用される固い材料ではなく、柔らかい材料にしました。足の感触が凄く良いです。
床の色を急遽変更したため、色味をとても心配していたのですが、室内のフローリングと凄く近い色で安心しました。

明日、残っていたB1F床のコンクリートを打ち、週明けに家具が搬入されます。
先日、事前に金物屋さんと家具屋さんの工場でチェックしてきたのですが、1つとても大きいステンレスカウンターがあるので凄く緊張します。










足場解体
2008/06/12
今日は雨で足場解体が厳しいかと思いましたが、
午後から小雨の中、少しずつバラしていただきました。
途中で雨が上がり段々日が差して来て、とても空気が澄んだ状態で立面を確認出来ました。

模型を眺めている時から感じていたのですが、1/1で見てもやっぱり変わった立面です!
一般的に住宅で多用されるリシンが、家から乖離して見える感じがしました。装飾的に見えます。





タイル工事
2008/06/10
最近、天気があまり良くなく。
そして天気予報もなかなか当たらず...
今日やっと晴れて、心配だった外部タイル工事も遅れる事なく決める事が出来ました。



明後日ついに足場がばれます!
もう足場の上から全体を見下ろす事が出来なくなると思うと残念ですが、はやく立面を見たいです。





外壁
2008/06/05
今週は雨が続いていて外壁の塗装のタイミングが難しかったのですが...どうにか外壁のリシン吹き付けも終了しました。
なので、あとは明日行う1F床のみです!
世田谷Sの塗装は基本的に白とクリアーで、色が入っても仕上げ素材の色味なのですが、1F床だけ塗装で少し彩度を入れるので緊張します。


あとは地下のコンクリートもそろそろです。







建具の方は今日ですべて取り付け終了です。
収納などのバックスペースは意外に注目されなかったりするのですが、迫力あります。同時にそれだけで家にしてしまう強さもあります。







引き続き塗装
2008/05/30
小屋まわりの外壁も終わりました。
備え付けられた脇の階段を上るときに感じる、
リシン面を目で捉え、そのまま挟まれるように通過する感覚はとても不思議です。

塗装屋さんの作業が早くかつ丁寧で、工程的に雨が非常に心配ですが、残りは外壁のリシンと1F床のみです!






塗装
2008/05/29
先週からずーと塗装工事です。

大分全体が見えてきました。
残すは1F床です。
ここにきて、初期のスタディイメージから変更する予定なので、考え方含め色々慎重に進めます。







塗装開始
2008/05/21
塗装工事がはじまりました。

PBのパテ処理をしている間に。。
いきなり天井のOSBが塗られていきます。

OSBの表面が凸凹しているため自然な感じに塗りムラが出来ます。
白く塗る事でOSB表面の凸凹の表情・素材としての意味合いが変わって来るのがわかります。

ザラザラした天井面にして良かったなと思いました。
2.3mの一般的な天井高のスケールなのですが、違った感覚に感じられました。
あと、塗られる前は思わなかったのですが、手で触れてみたくなりました。

単純に凄く面白いです!





 

 

© 2002-2005 rico turu architects studio CO., LTD.